問題のみつけ方。SCOPING。noteサークル更新しました。

ファブラボ神戸βのnoteサークル。バルセロナのプロジェクトを元に書かれたcitizen scienceの翻訳を進めています。市民が主役となって環境を変えていくステップが丁寧に書かれています。もくもくとものづくりをするのも楽しいけど、サステナブルな世の中をつくっていくのもファブラボのミッションなんだと感じます。2回目のテーマはSCOPING。解決すべき課題を浮かび上がらせる手法について紹介します。

記事はこちら

ファブラボ神戸のnoteサークルができました。

ファブラボ神戸のnoteサークルができました。活動名は「デジタルファブリケーションを活かすサークル」、最初はファブラボバルセロナの活動で有名なsmart citizen kitについての議論から始まります。サークルに参加した特典として運営メンバーが普段コミュニケーションをとっているslackに招待します。まずは、noteの記事を読んでみてください。

noteの記事はこちら

にわのあかり2019 に参加しました。

8月31日、9月1日は相楽園でにわのあかりというイベントが開催されました。神戸市にある相楽園は神戸市の都市公園で日本庭園で、中には樹齢500年のクスノキや川御座船や旧ハッサム邸など壮大な庭園の中に重要文化財が並んでいます。そんな歴史ある庭園を夜にライトアップしてクリエイター達の作品を並べていくなんとも粋なイベント、それが相楽園のにわのあかりです。

詳細はこちら。

 

【にわのあかり】こどもが笑顔になるテクノロジーのあかり

6月2日オープンします!

FablabKobe βのOpenが決まりました。6月2日13時〜15時に初オープンイベントとして

『機材と作品を持ち寄って企画を考える会』

を開催します。

様々な技能や機材を持った方が集まる日となりますので、ご興味ある方はぜひこの機会にお集まりください。

参加費: 500円の寄付金

参加登録、詳細は下記から行えます。

https://www.facebook.com/events/1153040491503963/